読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三流プログラマの雑記

プログラム、ゲーム、株、その他雑記など書いてます。

【Ruby on Rails】今更ながらにRansackベンリーということを知った。

株を管理するプログラムをちまちま組んでいたわけですが、取りあえず一通り機能は出来たかなーという状態
f:id:morio_1101:20160420081410j:plain
黒塗りの情報は勘弁(笑)
とりあえず、配当+株主優待で収支のバランスを考えてみた。

システム上、このページは必要最低限の情報のみに抑えたかったので、
株主優待の部分はJQueryUIのdialogで制御。

f:id:morio_1101:20160420074918j:plain
最初は登録、更新ページなんて作っていたけれど、、、
使っているとページ遷移が面倒になってきたので、一覧画面完結にした。
Ransackでテーブルソートを入れられたので、見やすいっちゃ見やすくなったかな?
検索フォームとかは、特に必要と感じなかったので、必要になった時に追加する予定。

f:id:morio_1101:20160420074921j:plain
あとは、取得検討株一覧ですね。
楽天証券のお気に入り銘柄もいいんだけど、いかんせん痒い所に手が届かなかった。
なので、パッと必要な情報を見れるようにしてみた。
こちらもRansackを使うことで、テーブルソート楽勝!状態に絞り込み入れた方がいい気がしないでもないので、
またいじくってみようかと。。。

Ransack に関する内容は以下の記事を参考にいたしました。

Railsでransackを使って検索機能を作成する - Rails Webook
wonderwall.hatenablog.com

N+1問題も一応対応する方法もあるらしいので、使い勝手は悪くないのかもしれないですね。
これは「bullet」入れて確認すればいい気もしますが、、、

あとは、サービス登録を、、、と考えていたけれど、
めんどうバッチで何とでもなるかな?という感じだったので、バッチを作って起動すると
ロームのタブでサイトが見れるよ!ってな感じにしてみた。

start /d C:\xxxx\StockList bundle exec thin start -e production

timeout 20 && start chrome.exe --new-tab http://localhost:3000/stocks